事例集Case introduction

介護施設の陰圧装置による感染症対策

感染症対策としては、まずは感染者を出さない事にありますが、
その次の対策として、感染者が出た場合を想定した対策も大変重要になってまいります。

まず疑いが出た段階でどの様に対応するべきか、その疑いへの対応如何では、
高い感染リスクを背負う事になりかねないからです。

感染症対策としては、まずは感染者を出さない事にありますが、
その次の対策として、感染者が出た場合を想定した対策も大変重要になってまいります。

まず疑いが出た段階でどの様に対応するべきか、その疑いへの対応如何では、
高い感染リスクを背負う事になりかねないからです。

特に介護施設や病院など感染するリスクが生死を別ける様な厳しい環境では、
ウイルスを広げない事、隔離する事が第一の対策といえるでしょう。

その対策の一つとして、室内を陰圧にすることにより、
周囲の居室や廊下から常時、室内に気流が流れ込む状態とする事で、
感染症や汚染物質が室外へ拡散するリスクを低減する陰圧装置が有効と考えております。
インフルエンザやその他、感染力の高いウイルスへの対策としてもとても有効です。

この度某介護施設様へ装置の設置場所のご提案から施工や陰圧調整など全て一貫してご提案させて頂きました。
命を守れる仕事はいつもより少し力が入りました。

実際の設置の様子

某通信キャリア様の災害時への取り組み

昨今の災害は異常気象も相まりこれまでの常識を覆す事が増えてきております。
風の強さは記録を塗り替え、地震の頻度も増しております。
しかし、インターネットの普及により、通信への信頼度や依存度も大変高くなっております。
その信頼度を維持するため、あらゆる危機管理が必要になっています。

昨今の災害は異常気象も相まりこれまでの常識を覆す事が増えてきております。
風の強さは記録を塗り替え、地震の頻度も増しております。
しかし、インターネットの普及により、通信への信頼度や依存度も大変高くなっております。
その信頼度を維持するため、あらゆる危機管理が必要になっています。

災害時の対策として、遠隔地にある鉄塔や、設備の確認、
周辺の状況をいち早く確認するため、鉄塔のトップ周辺にカメラを設置しました。
まず、災害が発生した際には、状況を把握する事が先決です。
どの様な事が起きているのか、遠隔地だからこその状況把握が大切になってまいります。
通信網を絶やさない取り組みを機器構築から設置までお手伝いさせて頂きました。

実際の構築・設置の様子

介護施設にエッジAI

介護業界の人不足は深刻さを極めております。
調査会社の情報によれば、2025年に介護職員が34万人不足するという試算も出されています。

現場の実態としては、職員1人で昼間は要介護者が2.5〜3人、夜になると20人を見る施設もあるそうです。
1人の介護でも大変ななか、なかなか負担が大きいのが実情です。

そのため、介護施設にセンサをいれるなどの試みが以前より進められています。
既にベッドから起き上がって床に足がついたら通知するセンサや、
ベッドの手すりに手がついたらとか、クリップが外れた場合に通知するようなセンサは既に導入されていたりします。

介護業界の人不足解消を目指したAIアプリ開発ですが、 設置したカメラと、エッジAI端末が稼働を始めています。

皆さんが集まるロビーや廊下に加えて、個室にもカメラを設置させていただきました。
個室で起きる問題に対処するためです。
例えば夜中ベッドから落ちたりしていないか、車いすから降りるときに転倒していないかなど
なかなか目の届かないところを、人に目に代わってフォローするのが目的です。

ただし、やはり個室となるとなかなか難しい問題が出てきます。
個室は基本的にプライベート空間であり、快適さを担保しつつ設置する気遣いが大事です。

技術的な話だけをすると、夜間の見守りのために、赤外カメラをいれるのですが
赤外カメラはどうしても赤色LEDの発行があり、寝ている際に気になられる方もいらっしゃいます。
この辺の気づかいを忘れずに設置場所を考えることが重要になります。

普段このように人の生活環境、特に個室に入り込んで画像を取得するような環境はなかなかありません。
今回は法人、施設、入居者様のご理解があって実現しました。
本気で介護の現状に向き合い、解決していくという強い意志を感じるところです。

この環境で得られた画像をもとに、優秀なAIベンダーの皆様によって介護をささえる優秀なAIアプリが続々と誕生しています。