トピックスTopics

支援ソフトで売上向上をサポート

実店舗活性化支援ソフト「ViPoRe クラウドサービス」の取扱を開始いたしました。

ViPoRe(Visual Power Report)クラウドサービスとは 、
AXIS People Counterなどの各アプリケーションからデータを収集し、統計とグラフを表示することができる実店舗活性化支援ソフトです。

各アプリケーションは、AXISカメラにインストールされ、カメラ単体で動作します。
そのため、店舗にサーバなどの機器を設置する必要はなく、最小限の構成で環境を構築することが可能です。

機能例

来店者の性別と年齢の計測

移動中の来店者の顔を検知および分析して来店者の性別とおおよその年齢を判定します。

その情報を使用して、ターゲットマーケティングやターゲットマーチャンダイジングの判断を行うことができます。

人気のある場所の割り出し

対象エリアを定義して (たとえば人気のある場所) に適用し、
特定の時刻でのその場所の大まかな人数に関するデータを収集することができます。


この情報により、長い期間のトラフィックパターンを分析するために使用できます。

正確で信頼性の高い人数計測

通路上で両方( in out )の方向に移動する人々を同時に計測することを可能にする自動化システムです。

ベビーカーやショッピングカートは計測されません。

細かく設定できる分析画面

分析画面では「共有レポート」の他に、
カメラから取得したデータを基に、様々な形式で指標を表示する 「分析一覧」をご用意しております。


各分析は予め決められた内容にて設定されております。
「期間」や「指標」をお客様にて再設定していただくことで新たな指標で表示することが可能です。
精度の高い仮説と検証が必要なPDCAサイクルのサポートとして、様々な角度からご利用いただけます。

>より詳しい内容はこちらのPDFをご覧ください。

陰圧装置と補助金

陰圧装置とは?

患者様が過ごされている室内の空気を
HEPAフィルタを通して外気へ排出することにより、
室内を陰圧に保つことが可能です。

患者様が過ごされている室内の空気を
HEPAフィルタを通して外気へ排出することにより、
室内を陰圧に保つことが可能です。

室内を陰圧にすることにより、周囲の居室や廊下から常時、室内に気流が流れ込む状態となるため
感染症や汚染物質が室外へ拡散するリスクを低減することができます。

ウイルスの主な感染経路

1. 接触感染

患者の皮膚や粘膜、分泌物との接触による直接的な感染や院内の医療機器や
手すり等の物を介しての接触による間接的な感染による感染経路です。


接触感染への主な対策としては、手指の消毒や厨房衛生管理が挙げられます。

2. 飛沫感染

ウイルスが含まれる患者の咳やくしゃみ、気道の吸引等により飛散した
体液の粒子状の飛沫が他者の粘膜に付着することにより感染経路となります。


飛沫感染への主な対策としては、マスクの着用が挙げられます。

3. 空気感染

患者の咳やくしゃみにより飛沫として空気中に飛散したウイルスが、空気中で水分が蒸発することにより、
5μm以下の微細な粒子である飛沫核となり長時間空気中に浮遊することが可能になります。

その後、長時間空気中に滞在することにより、飛沫核が移動し呼吸時に飛沫核が体内に侵入することで感染します。
対策として、空気感染対策用マスクの着用やエアフィルタ及び空調管理の徹底が挙げられます。

ウイルス感染に対する課題と対策

陰圧排気/空気清浄機ユニットの特徴

 

陰圧装置活用事例

陰圧装置製品仕様

型式 PFF-0091-PDH (8畳用)
処理風量 (u/min) 0〜9/0〜10 (連続可変式)
換気回数 (回/h) 15/16 (部屋積:36u)
サイズ (mm) W690×L1000xD390
質量 (kg) 約70
電源 100V 50Hz/60Hz
型式 PFF-0091-PDH (8畳用)
処理風量 (u/min) 0〜9/0〜10 (連続可変式)
換気回数 (回/h) 15/16 (部屋積:36u)
サイズ (mm) W690×L1000xD390
質量 (kg) 約70
電源 100V 50Hz/60Hz

※処理風量:0〜14u/min仕様もラインナップしています

介護施設等における感染拡大防止対策に係る支援内容

補助内容
補助要件
補助対象施設 1〜3は全ての介護施設等、 4は入所系の介護施設等
補助率 国2/3、都道府県1/3
補助上限額 1〜3は設定なし(都道府県が認める額)
4は1施設あたり
簡易陰圧装置:432万円×都道府県が認めた台数(定員が上限)
換気設備:4,000円/u
補助実施主体 都道府県
活用財源 地域医療介護総合確保基金
補助対象施設 1〜3は全ての介護施設等、 4は入所系の介護施設等
補助率 国2/3、都道府県1/3
補助上限額 1〜3は設定なし(都道府県が認める額)
4は1施設あたり
簡易陰圧装置:432万円×都道府県が認めた台数(定員が上限)
換気設備:4,000円/u
補助実施主体 都道府県
活用財源 地域医療介護総合確保基金

※機動的に支援できるように新型コロナウイルス発生後、かつ、緊急的に着手せざるを得なかった事業に限り、内示日前のものも補助対象となります。

補助の流れ

介護施設にエッジAI

介護業界の人不足は深刻さを極めております。
調査会社の情報によれば、2025年に介護職員が34万人不足するという試算も出されています。

現場の実態としては、職員1人で昼間は要介護者が2.5〜3人、夜になると20人を見る施設もあるそうです。
1人の介護でも大変ななか、なかなか負担が大きいのが実情です。

そのため、介護施設にセンサをいれるなどの試みが以前より進められています。
既にベッドから起き上がって床に足がついたら通知するセンサや、
ベッドの手すりに手がついたらとか、クリップが外れた場合に通知するようなセンサは既に導入されていたりします。

介護業界の人不足解消を目指したAIアプリ開発ですが、 設置したカメラと、エッジAI端末が稼働を始めています。