サービス内容Service

防犯カメラと監視カメラについて

私たちを見守ってくれている「防犯カメラ」と「監視カメラ」。
今では建物の内外、街を歩いていても見かける様になりました。

どちらも録画を目的としたカメラであるにもかかわらず、名称が異なるのはなぜでしょうか?

防犯カメラと監視カメラは、テレビや新聞でも同じような意味で使われることが多いです。
しかし実際には、防犯カメラと監視カメラは使用目的や設置場所が異なります。
今回は知っておくと役に立つ、防犯カメラと監視カメラの違いについて詳しくご紹介します。

防犯カメラと監視カメラの違い

防犯カメラと監視カメラ、実は使用するカメラや設置する方法などは全て同じです。
この二つの呼び名が存在する理由は、「目的」です。

カメラがある事で抑止力になるのが防犯カメラなら、守るべきもののために設置するのが監視カメラです。

防犯カメラは名前通り、犯罪を防止するためのカメラです。
一軒家やマンション、駐車場やスーパー、オフィスの入り口など、目立ちやすい場所に設置して使用します。

監視カメラは事件が起きた際に、事件の詳細な映像を取得する目的で設置するカメラです。
監視したいものがきちんと映る場所、守らなくてはならないものを守るための場所に設置します。
また、監視カメラは犯罪が起きた際の情報収集だけでなく、地震などの自然災害や交通量測量、河川やダムの水量計測の監視にも使われています。
中には温度計測のためにサーモグラフィが付いた監視カメラもあり、さまざまな情報を収集できます。

防犯カメラの設置場所について

防犯カメラは犯罪を防ぐために使用するカメラです。
そのため、防犯カメラは目立つ場所に設置することをおすすめします。

泥棒や窃盗、誘拐など、犯罪を起こそうとする人は必ず周りの目を意識し、見つからないように注意します。
そのとき犯人が防犯カメラに気付いたらどうでしょう?
防犯カメラの存在に気付いた犯人は、犯行を思いとどまるはずです。

人が通るとランプが点いたり、カメラが動いたりする防犯カメラは、その存在に気付かれやすいです。
防犯カメラ作動中というステッカーを入り口に張っておいたら、カメラがダミーでも犯人は警戒します。
犯罪を未然に防ぐために、防犯カメラを目立つ場所に設置して、存在に気付かせるというわけです。

監視カメラの設置場所について

監視カメラは監視・記録するためのカメラのため、サイズが小さく作られています。
そのため、どこにあるのか気付きにくい場所に設置している場合がほとんどです。

監視カメラは防犯カメラとは違い犯罪の抑止力にはなりませんが、事件解決の一翼を担う重要な存在と言えます。

また、事件が発生した際の証拠を撮影する必要があるため、監視カメラには「ダミーカメラ」は存在しません。
メディアにより公開される事件の犯人の顔や、犯行中の映像などはすべて、監視カメラの映像によるものです。
最近ではカメラの性能が良くなり、犯人の顔が鮮明に映し出されるようになったことから、監視カメラのおかげで解決した事件も少なくありません。

そのほか、災害時にも活躍しています。
地震などの災害が起きた際に、ニュースで各地の様子を見ることができるのも監視カメラのおかげです。

機能について

最近の防犯カメラや監視カメラの中には、高性能機能を備えたカメラもあります。

例えば、異変を察知したらスマートフォンなどに通知を送ったり、一定範囲を追跡したりする機能などです。
また、スマートフォンやパソコンにつないで、離れた場所からリアルタイムで映像を確認できる防犯カメラもあります。

これまで目的としていた犯罪の防止・監視以外も使われる機会も増えてきました。
子供やペットの様子を確認したり、会話ができたりするなど、防犯カメラの域を超えたテレビ電話並みの機能を利用することも可能となりました。
AIボックスを増設する事で、忙しい時間の明確な人数カウントや客単価など、様々な価値あるデータ収集すら可能になっています。

おわりに

犯罪の抑止・解決に効果がある防犯カメラや監視カメラですが、今後も設置台数の増加が予想されています。
AIなどの新たな技術と掛け合わせる事で、カメラを目とした様々なサービスが提供出来る様になったため、新たなビジネスの可能性も加わりました。
お困り事をお伺いし、用途や機能に応じた最善のご提案をさせて頂きます。

陰圧装置の設置

圧力差

空気は圧力の高い方から圧力の引く方へ移動する性質があります。
大気圧に対して圧力が高い状態を陽圧(図1)、大気圧に対して低い状態を陰圧(図2)と呼び、
この陽圧と陰圧を部屋の用途に応じて使い分け、感染症対策をしようという取り組みです。

 

陰圧とは

陰圧とは、外よりも気圧が低い状態のことです。
水が高い所から低い所へ流れるように、空気も気圧が高い方から低い方へ流れようとするので、気圧が低い方の空気は高い方へ移動できません。
CDCガイドラインでは、陰圧室は室外との圧力差2.5Pa以上の負圧とされています。
この陰圧である事が感染症など現代の状況に様々な形で期待されています。

※CDC:米国疾病予防管理センター
※Pa:パスカル(圧力の単位)

陰圧装置のしくみ

陰圧は、室内の気圧を室外よりも低くすることでウィルス等で汚染された可能性のある空気を室外に逃さないようにして感染症の拡大を防止します。
同時に、大量換気で陰圧室内に汚染物質が滞留しないようにしています。
屋外への換気は、ウィルスもキャッチする高性能のHEPAフィルターでキレイにした空気を排出します。

陰圧の確認方法

空気は目に見えません。そこで先進的な環境モニタリングシステムの導入で常に状態を把握できるよう空気を可視化します。
センサーが空気の状態を24時間監視し、数値を目で見て確認出来るシステムを導入する事で
「安心・確実な空気の衛生状態を確保」することが可能になるのです。

簡易陰圧装置

パンデミックなどの感染拡大時には、病院などの施設に感染者や感染しやすい状態の人が集中しますので、
感染を防ぐためには診察時の動線を隔てる必要があります。

建物の壁など構造によって動線を分けることはコスト面で容易ではなく、
一方で、簡易的なパーテーションを立てる程度では感染リスクを十分にコントロールできません。

そこで簡易テントや施設の一室など、任意の場所を素早く陰圧室に設置し、動線を分ける方法が注目されています。
密閉空間として一定の感染拡大を防止する効果があることに加え、陰圧機能を持たせることによって、大きな効果が期待できます。

入退管理システム

入退管理システムとは?

いつ、誰が、どこに入室したかを管理・記録するシステムです。
機密情報の漏えい防止のみならず、
不審者の入室を防ぎ、破壊行為や異物の持ち込みを防げます。

電気錠付きドアやゲート設備が必要となり、入退室の際にはID入力や生体での認証、
タイムカードやICカードでの認識方法があります。 ID入力・ICカード・生体認証などの認証の仕組みによって、
部外者の入室を防ぎ、いつ・誰が・どこに入退室したかを管理す るシステムです。

情報化社会において、企業の扱う情報は大きな経済価値を持つようになりました。
それに伴い入退室管理システムは、部外者の侵入を防ぐだけでなく、
部内者による情報の持ち出しを防ぐという目的での利用が注目されています。

入退室管理システムの主なメリット

不法侵入の防止

企業には、従業員や取引先、ビルの管理する警備員や清掃員など、さまざまな人が出入りしています。
入退室管理システムを導入することで、企業に出入りするあらゆる人に入退室の権限を付与または制限することができます。

また、権限を付与した人に対する入退室の管理が可能になるのです。
入退室管理システムによりICカード認証や生体認証などで入退室ができるため、権限を付与していない不法侵入の防止に効果が期待できます。

その他、システムの管理機能により企業内でトラブルが発生した際、
入退室の履歴を時系列で迅速に状況把握出来るため、スムーズに処理出来る事が増えています。

入退している人を把握できる

入退室管理システムにより従業員の入退室の記録が行えます。
そして、その記録を保管し管理できるため、特定エリアの入退室状況の把握がしやすくなります。

企業では、経営に関する情報や顧客の個人情報などさまざまな情報が管理されています。
特に機密性の高い情報は従業員の出入りを制限するエリアに保管されることが多いです。

従業員の体調管理

昨今の多くの入退室管理システムでは、入退管理とともに入退する際に体温を測るなど、体調管理も可能になってきました。

ISMSや機密情報管理対策ができる

入退室管理システムは、従業員の細かい情報まで管理します。
例えば、機密情報を保管するエリアへの入退室記録や、機密ファイルを保管しているキャビネットの開錠の記録などが出来る様になっています。

入退室管理の役割とは

入退室管理システムには「関係者以外の入室防止」と「入退室の記録」の2つの役割があります。

1. 関係者以外の入室防止

入退室管理システムの基本的な役割です。
機密情報のある場所や貨幣価値の高い品物を製造・保管している場所には門番(警備員)がいて、社員証などのよる出入りの検査が行われていました。
しかし、これら人間系の審査ではミスを避けることはできませんし、専門のノウハウも必要となります。
この門番(警備員)をシステム化することで、厳密な入退室の管理と省力化を実現できます。省力化はコスト削減にもなります。

2. 入退室のログ管理

J-SOXの施行以降、企業は内部統制が求められ、手順の標準化や証跡の保存が必要になっています。
入退室の記録管理に対応するのが入退室管理システムです。

データはもちろん、誰がいつ入って、いつ出て行ったかを、監視カメラで映像に残すことも可能となっています。
入退室の記録は、人事管理システムと連携し、オフィスに滞在した時間の把握あるいは労働時間の管理も支援します。

入退室管理システムに用いられる認証技術とは

暗証番号

古くから利用されている方法です。テンキーがドアあるいはその付近に設置されており、当事者が入力します。
汎用的なだけあって低コストですが、暗証番号を盗み見られる危険性があります。

ICカード

主流となっている認証方法です。
社員証と兼用でき、会社員が首からぶら下げているオフィス街の風景の1つにもなっています。
入退室管理システムのみならず、パソコンやプリンターの認証デバイスとしても利用されています。RFIDの利用も進んでいます。

生体認証(バイオメトリクス)

最も精度の高い認証システムで、極めて重要度の高い施設への入退室管理システムとして利用されています。
銀行口座にも利用されています。

指紋認証、静脈認証(指、掌、手の甲などの血管パターンを認証する)、
網膜認証、虹彩認証、顔認証、掌形認証などがすでに実用化されています。
精度が高いものの、宗教や文化、生理的な反発を受けることがあります。

電気錠設置

電気錠とは「電気」を通電させることで解錠制御する錠になるため、
配線工事が必要になります。
少し大掛かりなイメージになりますが、便利な設備になります。

用途としては、来客の際、インターホンで対応し、身内のかたであれば、ボタン一つで解錠。
もちろん暗証番号、指紋認証などセキュリティ登録・入力すれば自身でも解錠可能です。
機密性の高いところであれば、角膜認証や静脈認証など
最新セキュリティー設備と組合わせることで信頼度を上げる事も可能です。

メリット
・インターホンからのボタン一つで解錠可能
・解錠方法はいろいろ(暗証番号、指紋、カードなど)
・オフィスなどであれば、解錠履歴を確認可能(要PC)
・時間設定による施錠、解錠が可能
デメリット
・電気が必要(停電時はバックアップ機能が必要)
・暗証番号情報を流出すると、解錠できてしまう(※変更は可能)
・設置工事までの段取りに時間を要する
・コストが普通の鍵より高額

使えうる認証機能

暗証番号認証、カードリーダー、指紋認証、静脈認証、角膜認証など

セキュリティシステム導入

セキュリティシステム導入について

お客様の大事な資産を守る為、必要不可欠なセキュリティシステムは
監視カメラ、人感センサーなども色々な用途に応じて組み合わせることが重要です。
例えば暗い場所、設置場所が特殊な場所、周囲温度が高い場所など
多種多様なラインナップの中から最適な機種を選び、御提案可能です。

センサーや入退管理システムとの連動など、トータルサポートにて御提供し、最後まで万全の体制にて取組みいたします。
まずは、お困りごとの御相談からお気軽にご連絡下さい。

AI工事

AI工事について

あらゆる所にカメラが普及している昨今、AI導入にて業務効率化、
新サービスの御提供を御検討されているお客様も少なくはないでしょう。
ただ、AIを導入する上で、重要になってくるのはAIの力が存分に発揮できるように
正しく機器の設置、調整を行うことにあります。

例えば、AIアプリ推奨の位置にカメラ設置をしたとしても、
障害物や外光などの影響で パフォーマンスが低下したりすることもあります。
それらを解決するのに、取付方の工夫や、レンズなどの選定にも配慮する必要があります。

単純にカメラ等の映像を取り込むのではなく、私達は適切な画角、高さなど考慮して 設置場所を選定するなど、プロの目で判断いたします。

ネットワーク工事

ネットワーク工事について

監視カメラにおいても、ネットワークカメラなどのカメラはLANケーブルを配線いたします。
カメラの台数が多くなれば、ネットワーク上にかかる負荷を計算する帯域計算をしたり、
伝送する情報量に耐えるネットワーク機器を選定する必要があります。
それらの重要なデーターを伝送するケーブルの配線工事なども重要です。

また、端末のコネクタの結線による不具合などで映像が映らないなどの障害も未然に防ぐ為、
工事完了時に正しくパフォーマンスが出ているかを検査、測定するなど
HUBULLETは工事基準を確保しております。

施工管理

施工管理とは、一言でいうと「管理者」として現場に関わること「全て」を管理することを言います。
現場の「工程」はもちろん「安全」、「品質」、更には「経費」の管理も行います。

重要な管理項目

工程管理

現場がスケジュール通り進んでいるかを管理すること。
そのために、必要な人員、重機などの手配を行う必要があります。

工事に必要な書類を作成し、各必要な役所に提出することも行います。

安全管理

その現場で働く人はもちろん、その周辺の環境に対して迷惑や危険を与えないように整えることです。

品質管理

現場の仕上がり管理はもちろん、使用する材料の寸法や品質、
また設計図面の品質管理とその現場に関わる『材』すべての管理をすることです。

経費管理

決められた予算内で「人員」「機材」「材料」にかかるコスト管理を行い 、異常事態が発生していないかを管理する重要な項目です。
実は、施工管理の仕事は「資格」がなくてもできる仕事なのです。
ですが、もちろん施工管理としてのキャリアを上げるために資格はあります。

以上6資格は『国家資格』です。
弊社では資格を有する技術士からのフィードバックを共有し、
安全項目の徹底化や手続きの同時進行、 準備段階での事前チェックなど、多岐に渡る施工管理を実現しています。